ケルト音楽と謎めいた文化  アイルランドの神話・伝説 > ティル・ナ・ノグ(常若の国)の入り口 

 <目次>アイルランドの神話・伝説
 

ティル・ナ・ノグ(常若の国)の入り口

神々はその座を追われ、名実共に小さくなって、「妖精」といわれる存在になっていきました。妖精のすまいは地下にあり、その入り口は隠されていて人間の目には見えませんが、丘の上にあるとされていました。
 
 
アイルランドでは、族長の家や祭祀を行う建造物はすべて丘の上にありました。古代の墓と言われるニューグレンジ遺跡のある丘は、「妖精の丘」として知られています。

ケルト音楽
 アイルランドの音楽
 アイリッシュ音楽のアーティスト
 ロックとの結びつき
 
ケルト文化
 ケルトの神話
 アイルランドに残るケルト
 アイルランドの神話・伝説
 アイルランド周辺に残る伝説
 日本とケルト
 
運営者情報
 プロフィール
 関連サイト
  
Copyright(c)  ケルト音楽と謎めいた文化 2008-2009 All Rights Reserved