ケルト音楽と謎めいた文化  ロックとの結びつき  ロックの中のケルト
 
 <目次>ロックとの結びつき
 

ケルト音楽の変化と融合

ロックという音楽のジャンルは、時代とともにさまざまなスタイルに分岐していきます。ロックンロールのアップテンポなリズムから生まれたロックですが、イギリスにロックが渡り、根付いていくと、イギリスの風土にあった、湿って陰を帯びた面を持つハードロックを生んでいきます。
 
 
1970年代に生まれたハードロックの王者レッド・ツェッペリンは、ハードな曲を数々生んでいくと同時に、トラッドに強い影響を受け、神秘的な詩とケルト的な匂いの非常に強い音楽を産みだします。また、レッドツェッペリンと共に頂点にいたディープパープルの曲にも、ハードな中にクラシックとトラッド的なメロディラインが散りばめられていました。
 
 
後に主要メンバーであるリッチー・ブラックモアはブラックモアズナイトという中世音楽のデュオへとシフトしていきます。
 
 
アイルランドやスコットランド出身のミュージシャンも多く、彼らに骨の髄まで染みついたケルト的な音楽センスは、ハードロックを単なる騒音ではなく、美しい音楽へと変えていきます。
 
 
このように、場所や時代を超えて、ケルトの音楽は変化し、融合し、進化していきます。ケルトの美しい音楽は、今後も生き続けていくでしょう。
スポンサードリンク

ケルト音楽
 アイルランドの音楽
 アイリッシュ音楽のアーティスト
 ロックとの結びつき
 
ケルト文化
 ケルトの神話
 アイルランドに残るケルト
 アイルランドの神話・伝説
 アイルランド周辺に残る伝説
 日本とケルト
 
運営者情報
 プロフィール
 関連サイト
    
 
Copyright(c)  ケルト音楽と謎めいた文化 2008-2009 All Rights Reserved