ケルト音楽と謎めいた文化  アイルランドの音楽 > アイリッシュ音楽と構成

 <目次>アイルランドの音楽
 

アイリッシュ音楽に使用される楽器

アイリッシュ音楽に使用される主な楽器は、フィドル(ヴァイオリン)、ティン・ホイッスル(ブリキ製の縦笛)、そしてイーリアン・パイプ(アイルランド独特のバグパイプ)、バウロン(太鼓)が主要楽器です。
 
 
ここにアコーディオンや比較的最近ブズーキというバンジョーのようなギリシャの楽器が導入され、定着しました。曲によってはここにアイルランドの国の象徴であるアイリッシュハープが入ります。
 
 
そのほかにも、パーカッションとしてスプーンやボーン(動物の骨)が使われることも多いようです。スプーンや骨は2個一対で使用され、カスタネットのように鳴らして使います。
 
 
うまく鳴らすにはコツがいりますが、太鼓がなくても、ポケットにスプーン(昔なら骨も道端で拾えたかもしれません)を入れてさえおけば、気軽にリズムをとることができます。
スポンサードリンク

ケルト音楽
 アイルランドの音楽
 アイリッシュ音楽のアーティスト
 ロックとの結びつき
 
ケルト文化
 ケルトの神話
 アイルランドに残るケルト
 アイルランドの神話・伝説
 アイルランド周辺に残る伝説
 日本とケルト
 
運営者情報
 プロフィール
 関連サイト
 
Copyright(c)  ケルト音楽と謎めいた文化 2008-2009 All Rights Reserved