ケルト音楽と謎めいた文化  アイルランドの神話・伝説 > アイルランドの神々の系譜 

 <目次>アイルランドの神話・伝説
 

アイルランドの神々の系譜

アイルランドは人間が住む前は、神々が住む島だったそうです。最初に住んでいた神族はパーホロン、そしてネメズ、フィルボルグと次々とやってきては、前の神々を征服しました。
 
 
4番目にやってきた神族ダーナ神族で、真のアイルランド王が上に乗ると叫び声をあげる聖石、最強の槍と剣、どんなに大勢の兵士でも満腹にさせる大鍋という宝をアイルランドにもたらしました。この4種の神器を用いてフィルボルグ族と戦い打ち破る様が伝説として残っています。
 
 
ダーナ神族は長くアイルランドを支配しましたが、やがて今のアイルランド人の祖先であるミール族が詩人アマーギンを指導者として上陸します。ミール族はアマーギンの裁量でアイルランドをダーナ神族から譲り受け、ダーナ神族は地下世界を割り当てられます。
 
 
ダーナたちはティル・ナ・ノグ(常若の国)をつくり、妖精として暮らすようになりますが、現在もときおり動物や蝶に姿をかえて地上にあわられたり、人間の周辺に隠れ住む妖精たちがときどきいたずらをして妖精の存在をにおわせているようです。
スポンサードリンク

ケルト音楽
 アイルランドの音楽
 アイリッシュ音楽のアーティスト
 ロックとの結びつき
 
ケルト文化
 ケルトの神話
 アイルランドに残るケルト
 アイルランドの神話・伝説
 アイルランド周辺に残る伝説
 日本とケルト
 
運営者情報
 プロフィール
 関連サイト
  
Copyright(c)  ケルト音楽と謎めいた文化 2008-2009 All Rights Reserved